初めてご来院される患者様へ

初診のご案内はじめてご来院される方へご用意いただくものご来院の前にあれ?おかしいなと思ったら…全身頚椎肩手・肘関節腰股関節膝足骨折軟部腫瘤(軟部腫傷))スポーツ外傷小児整形

・ 外反母趾
・ 成人期扁平足
・ モートン病
・ 足の慢性障害

外反母趾

[ 症状 ]
足の母趾が第2趾の方に曲がり、つけ根の関節の内側の突き出したところに疼痛を認めます。
靴の生活が長い欧米人に多い病気でしたが、最新は日本でも急速に増加しています。

[ 原因 ]
前足部の幅の狭い靴を履くと母趾のつけ根が圧迫され変形します。
また、扁平足や開張足でも外反母趾になりやすいです。
最も多い中年期は履物に加え、体重増加や足の筋力低下などにより起こります。

[ 予防と治療 ]
しっかりとした靴を選びます。
足趾体操を行います。
インソールを用いアーチの補正をします。
また、症状により手術を行う場合もあります。

成人期扁平足

[ 症状 ]
先天性の場合、それほど痛みを伴うことはありませんが、中年以降に発症する扁平足では、内側のくるぶしの下が腫れ・痛みを生じます。
次第に変形が進行し、つま先立ちがしにくくなり、足が硬くなり、歩行障害を認めます。

[ 病態 ]
足にはアーチがあり、効率よく体重を支えています。これを作る腱の変性や体重の負荷によってアーチは低下し発生します。

[ 予防と治療 ]
足関節の運動や足趾の筋力トレーニングを行います。
適正体重を保つことも大切ですが、アーチの低下が明らかな場合は、インソールの使用をお勧めします。
アーチを上げることにより、疼痛は緩和されます。

モートン病

[ 症状 ]
主に足の第3~4趾間のしびれ・疼痛などです。傷害部位は第2~3、4~5趾間のこともあります。

[ 原因 ]
中腰の作業やハイヒールなど、つま先立ちにより起こりやすくなります。また、足趾変形でも同様です。

[ 診断 ]
障害神経の足趾間に感覚障害があり、同部位に腫瘤とティネルサイン(神経刺激テスト)を認めます。
確定診断には、レントゲン・MRIなど必要に応じて行います。

[ 治療 ]
まず、インソールを用いた保存治療を行います。
場合により、内服や運動療法・ブロック注射などを行う場合もあります。

足の慢性障害

[ 症状 ]
足には全体重がかかるため、歩行やスポーツなどで様々な部位に痛みを生じます。
陸上競技・サッカー・バスケットボールなどのランニングやジャンプの多い動作でも多く発生します。

[ 診断 ]
圧痛点や痛みの局在、荷重時での足の変形などを診察します。
また、レントゲン検査を併用し診断します。

[ 治療 ]
スポーツが原因の場合は、運動量の調整が必要です。
更に、アイスマッサージや温浴・微弱電流、湿布薬などの使用、ステロイド剤の局所注射やインソール使用などの理学療法を行います。

[ 予防 ]
発生要因を理解し、それを取り除くことが大切です。
① ストレッチング
② 運動後のアイシング
③ しっかりとした靴選び
④ インソールの使用
などで予防しましょう。


診療時間 診療科目
 
グルコサミンご案内にんにく注射ご案内

2011 ユウ整形外科