初めてご来院される患者様へ

初診のご案内はじめてご来院される方へご用意いただくものご来院の前にあれ?おかしいなと思ったら…全身頚椎肩手・肘関節腰股関節膝足骨折軟部腫瘤(軟部腫傷))スポーツ外傷小児整形

全身

・ 運動器不安定症
・ 骨粗鬆症

運動器不安定症

運動器不安定症は、高齢で転倒しやすい、または日常生活での障害を伴う疾患をいいます。
この診断には、一定の基準があり、重症化を防ぐために、正しい診断と運動器リハビリテーションなどの介入が大切です。

原因となる疾患
変形性関節症・腰部脊柱管狭窄症・脊椎圧迫骨折・下肢骨折(大腿骨頸部骨折など)・脊椎障害・神経筋疾患・関節リウマチ・下肢切断・長期臥床による運動器廃用・高頻度転倒者・骨粗鬆症

骨粗鬆症

骨粗鬆症とは、骨の量(骨量)が減って骨が弱くなり骨折しやすくなる病気です。高齢化に伴いその危険度は増加していきます。

[ 症状 ]
通常、痛みはないものの、転倒などにより骨折しやすくなります。
骨折を生じると、腰痛などを生じ、場合によっては寝たきりの原因にもなります。

[ 診断 ]
・レントゲン検査
・骨密度測定(デキサ法:二重エネルギーX線吸収法)
・採血
骨粗鬆症は予防が大切です。
閉経後の女性には、定期的な検診をお勧めします。骨の健康度をお試しください。

[ 治療 ]
・内服
・カルシトニン製剤の注射など
その他、食事療法、運動療法など

あなたの骨折の危険度は?

以下の質問について、「はい」「いいえ」でお答えください。
「はい」の数を数えて、下の骨の健康診断の欄をご覧ください。
あなたの骨の健康度がわかります。

【骨の健康診断の欄】

■ 2つ以下:現時点であなたの骨は健康と考えてよいでしょう。
 → このまま今の生活を続けましょう。

■ 3つ以上:骨が弱くなる可能性があります。
 → 今から将来のことを考えて、暮らしぶりに気をつけましょう。

■ 5つ以上:骨が弱くなっているなる可能性があります。
 → 骨を強くする暮らしぶりを取り入れましょう。

■ 7つ以上:骨が弱くなっていると考えられます。
 → 当院で診察を受けてみてください。


診療時間 診療科目
 
グルコサミンご案内にんにく注射ご案内

2011 ユウ整形外科