初めてご来院される患者様へ

初診のご案内はじめてご来院される方へご用意いただくものご来院の前にあれ?おかしいなと思ったら…全身頚椎肩手・肘関節腰股関節膝足骨折軟部腫瘤(軟部腫傷))スポーツ外傷小児整形

股関節

・ 変形性股関節症
・ 先天性股関節脱臼
・ 鼠径部(そけいぶ)痛症候群

変形性股関節症

[ 症状 ]
股関節痛及び機能障害を伴います。

初期は立ち上がりや歩き始めに股関節部に痛みを感じます。 進行すると痛みが増強し、夜間痛なども引き起こします。

[ 原因 ]
患者さんの多くは女性ですが、原因は先天性股関節脱臼の後遺症や股関節形成不全などが全体の80%といわれています。

[ 診断 ]
診断はレントゲン撮影にて行います。
レントゲンにて変形の進行度を評価します。

[ 治療 ]
体重のコントロールをし、日常生活において上手くつきあうことが大切です。
また、運動器リハビリなど筋力トレーニングなども必要となります。
これら保存療法でも軽減しないときは手術を行うこともあります。

先天性股関節脱臼

[ 症状 ]
乳児健診で股関節の開排制限や脱臼感があり、レントゲンなどにより発見されることが多くあります。

[ 診断 ]
股関節の開排制限、大腿部のシワの非対称、骨頭の位置異常などがあれば、レントゲンなど用い画像診断を行います。

[ 治療 ]
年齢により異なります。
乳児期の場合、ひも型の装具療法が行われます。
それでも整復されない場合などは、オーバーヘッドトラクションといわれる入院牽引療法が行われます。
整復が得られたら、その後の成長の経過観察を行い、もし、後遺症が早めに出現した場合は手術などを行うこともあります。

鼠径部(そけいぶ)痛症候群

[ 症状 ]
ランニング、キック、起き上がりなど股部に力を入れた際、鼠径部やその周辺に痛みが生じます。

[ 診断 ]
サッカー選手などキックするスポーツをしていて、鼠径部周辺に痛みを訴え、圧痛があれば診断可能です。

[ 治療 ]
関節運動・バランス・筋力など評価し、それを修正するスポーツトレーニングを行います。


診療時間 診療科目
 
グルコサミンご案内にんにく注射ご案内

2011 ユウ整形外科